ギリシャ・ラテン文学

あまりなじみ無いギリシャ・ラテン文学を集めてみました。
PR情報
エクステエクステンション(エクステ)販売 extena:つけ心地の軽い髪質を追求するサロンのための超音波エクステンション-extena-

サトゥラェ―諷刺詩 (単行本(ソフトカバー))

内容(「MARC」データベースより)
身の安全のため一時代前の人間たちへの諷刺を装いつつ、同時代のローマ帝国の人間たちの悪徳を鋭く攻撃した諷刺詩集。その辛辣な詩句は、後にスウィフトをはじめとするイギリス文学に影響を与えた。〈ソフトカバー〉*

ギリシア・ローマ古典 (単行本(ソフトカバー))

内容(「BOOK」データベースより)
トロイアの木馬、プラトニック・ラブ、ファシスト、レズビアン、サラリー、すっぱいぶどう、エピキュリアン、ストイック、帝王切開、等々210項目。

内容(「MARC」データベースより)
トロイアの木馬、プラトニック・ラブ、ファシストなど日常よく使われる表現や言い回しを取り上げて、その由来や言語の変遷をギリシア・ローマの古典にたどり、わかりやすく解説する。〈ソフトカバー〉

ペトラルカ―生涯と文学 (単行本)

出版社/著者からの内容紹介
ルネサンスを代表する作家・思想家,ペトラルカの生涯と文学・思想について述べた初の本格的な入門書.永遠の愛の対象となった「ラウラ」のこと,ボッカッチョとの友情,現代人の問題につながる「孤独生活」の思想などを軸に,ルネサンス的「普遍人」として多彩な活動をしたペトラルカについて,そのエッセンスを書き下ろす.

内容(「BOOK」データベースより)
ダンテ、ボッカッチョとともに、イタリア文学の三巨星の一人であり、ルネサンス時代を代表する作家・思想家、ペトラルカの生涯と思想・文学について述べた初の本格的な入門書。主著『カンツォニエーレ』でうたわれた永遠の恋人ラウラのこと、文芸復興(ルネサンス)の同志であったボッカッチョとの友情、近代の「個人」意識につながり現代人の問題でもある「孤独」の思想などを軸に、ルネサンス的「普遍人」として多彩な活動をしたペトラルカについて、そのエッセンスを書き下ろす。

トロイア戦記 (文庫)

内容(「BOOK」データベースより)
『トロイア戦記』はホメーロスの『イーリアス』と『オデュッセイア』を架橋する壮大な長編叙事詩である。作者は三世紀のギリシャの詩人クイントゥス。『イーリアス』のあとを受け、アマゾーンの女王の華麗な活躍、戦争の端緒を開いた王子パリスの末路、木馬作戦の顛末、絶世の美女ヘレネーの数奇な運命等、魅力あふれる多数の挿話をちりばめつつ、トロイア崩壊までを描く。本邦初訳。

著者紹介
【松田治】
1940年、鹿児島県奄美大島生まれ。東京教育大学文学部卒業(言語学)。東京大学大学院修士課程修了(西洋古典学)。現在、つくば国際大学教授。著書に『ローマ神話の発生』『アエネアスの冒険』『古代神話の英雄像』、訳書に『ギリシア神話の本質』(共訳)等がある。

食卓の賢人たち〈1〉 (単行本)

内容(「BOOK」データベースより)
「食」をめぐって蘊蓄の限りをつくす西洋古典の屈指の奇書本邦初完訳なる。

そしてすぐに日が暮れる (単行本(ソフトカバー))

出版社/著者からの内容紹介
イタリア現代詩の巨匠、〈ことばの錬金術師〉の前期を綜合する詩集。独特な宇宙感覚を、詩的技巧の限りを尽くしマニエリスティックに表白する。解説=古賀弘人


内容(「BOOK」データベースより)
故郷シチリア島の追憶と古代ギリシア文明の傾倒を母胎として、独特な宇宙感覚を、詩的技巧の限りを尽しマニエリスティックに表白した、イタリア現代詩の巨匠、〈ことばの錬金術師〉の前期を綜合する詩集。

ギリシア恋愛小曲集 (文庫)

内容(「BOOK」データベースより)
勇敢な武将の夫と敵軍の捕虜となった絶世の美女の妻の再会とさらなる悲劇的な別離「パンテイアとアブラダタス」、若者と少女の純愛「アコンティオスとキュディッペ」、36人の女性の道ならぬ恋36章「恋の苦しみ」、近世文学に大きな影響を与えた「ヘーローとレアンドロス」など、達意の新訳で生き生きと甦る古代ギリシアの恋物語。

イソップ物語のおしえ―賢くスッキリ生きる知恵 (単行本)

内容(「BOOK」データベースより)
イソップ物語は、本当にこれでもかこれでもかというほど、人間の愚かさを教えてくれる。不幸な人生をおくらないためのヒントが満載。

内容(「MARC」データベースより)
失敗したことを後悔する必要は何もない。失敗から立ち直ることが本当に生きることである。不幸な人生を送らないためのヒントを、イソップ物語に求めて提示する。2000年刊「どう生きるか」を改題、再編集したもの。

星座と神話 (春の星空) (単行本)

出版社/著者からの内容紹介
おおぐま座・こぐま座・しし座・かに座・うみへび座・からす座・コップ座にまつわる神話や伝説、春に生まれた人のための星うらないなど。

トロイア戦記 (文庫)

内容(「BOOK」データベースより)
『トロイア戦記』はホメーロスの『イーリアス』と『オデュッセイア』を架橋する壮大な長編叙事詩である。作者は三世紀のギリシャの詩人クイントゥス。『イーリアス』のあとを受け、アマゾーンの女王の華麗な活躍、戦争の端緒を開いた王子パリスの末路、木馬作戦の顛末、絶世の美女ヘレネーの数奇な運命等、魅力あふれる多数の挿話をちりばめつつ、トロイア崩壊までを描く。本邦初訳。

著者紹介
【松田治】
1940年、鹿児島県奄美大島生まれ。東京教育大学文学部卒業(言語学)。東京大学大学院修士課程修了(西洋古典学)。現在、つくば国際大学教授。著書に『ローマ神話の発生』『アエネアスの冒険』『古代神話の英雄像』、訳書に『ギリシア神話の本質』(共訳)等がある。

{鶯谷・うぐいすだに} {千葉の印刷なら千代田印刷} {横浜関内リラクゼーションサロンDIO} {美容外科} {東京ぶらぶら} {墨田区紀行} {GOGO!江戸川区!} {アキバ中毒のページ} {台東紀行} {鶯谷情報ナビゲーション!「鶯谷のコト」} {日暮里 鶯谷 上野 ニュース} {高収入バイト情報} {幼児・子供用 新型インフルエンザ マスク} {ハロー!江東区!} {台東クラブ} {電子たばこ}

ooo豆千葉ドットコムooo ビバ!プリプレスooo 花ざかり千葉ooo なでしこJAPANooo ラーメン!つけ麺!僕イケメン!ooo Rest for a momentooo キャンプに行ってみよう!@千葉ooo アキバ中毒のページooo ひんやりooo ダーツ大好き@千葉ooo 新型インフルエンザマスクooo リネージュIIクロニクル1ooo 千葉市のプール一覧ooo 風呂の事ooo 週末お出かけマップアンドパーク千葉ooo リアクション芸人ooo ちば!ちば!ちば!千葉の伝統文化。ooo 焼肉喰ってパワーアップッ!ooo 千葉とんかつooo 天国的お魚の道@千葉ooo